支部長挨拶

 平成25年4月より、支部長を務めております 山﨑 操 です。

 あさか支部は朝霞市、志木市、和光市、新座市において社会保険労務士として登録している会員数約120名の支部です。社会保険労務士は労働及び社会保険 の専門家として厚生労働省より国家資格を与えられた年金や人事労務の専門家です。

 さらに特別の研修と試験を受けて、個別労働紛争の解決に当たることが出来る特定社会保険労務士も全会員の約4分の1おります。

 さて、安倍内閣の施策の基本方針の一つで有る「一億総活躍社会の実現」、人口の減少が避けられない日本にとっては、高齢者や女性にもっと日本の生産性を高める ために、頑張ってもらいたい、そして、其のために高齢者、女性が働きやすい社会環境、職場環境の整備をというものです。

 託児施設や各種の助成制度の充実は当然のこととして、何よりも向き合わなければならないのが、経営者、従業員など全ての「ひと」の意識の改革だと思います。AIがより進化し、近い将来には職業の半分近くが消滅するというような怖い予測も出ていますが、やはり基本は「ひと」であり、「ひと同志」の関係がうまくゆくかどうかで、企業或いは、その人自身の人生も変わるとさえ言えるでしょう。

 士業の中で、一番、緊密に「ひと」と向き合う必要があり、それが出来るのが社労士だと言えます。企業の健全な発展と労働者の福祉の向上のために、基本である「ひと」すなわち労務管理を中心に切磋琢磨して、強い社労士、頼れる社労士、さらに温かい社労士を目指してゆきたいと考えています。

 当支部は発足以来、「市域に密着した支部活動」を支部運営の一つの柱ともしております。朝霞・志木・和光・新座4市からのご依頼を受け、市民の皆様を対象とした年金相談や労働相談を定期的に開催しております。また、4市の管轄年金事務所である川越年金事務所においても、年金相談窓口での対応に相談員として会員の派遣を行っております。その他、「市民祭り」「産業フェアー」等、四市開催の行事にも積極的に参加し、市民の皆様より年金、労働相談、成年後見等のご相談も受けております。

 支部ホームページには、開業会員の住所や連絡先などを掲載しておりますので、市民の皆様、企業の皆様におかれましては、ぜひお気軽にご連絡をお取りいただき、社会保険労務士をご活用いただきたいと存じます。


埼玉県社会保険労務士会 あさか支部
支部長 山 﨑  操

埼玉県社会保険労務士会のキャラクター「しゃろたま」

埼玉県社会保険労務士会のキャラクター「しゃろたま」です

To top